一般社団法人なの花

自閉症の子どもの特徴とは

見学・相談のご予約 公式サイトはこちら

自閉症の子どもの特徴とは

自閉症の子どもの特徴とは

2022/01/13

子育てをしている中で「育児書の目安より発達が遅いな」「言葉が出てこないな」など様々な心配事を抱えてらっしゃることと思います。
中には「ほかの子と比べてちょっと様子が違うかもしれない」と感じることがあるかもしれません。
今回は特有の発達スタイルを持つ「自閉症」の特徴についてお話いたしますので、参考にしてみてください。

自閉症の子どもの特徴

自閉症の子どもは、人に対する関心が薄く、コミュニケーションの取り方に特徴があります。
小さい内に出てくる特性には、次のようなものがあります。

・目が合わない、目をそらす
・あやしても反応しない
・名前を呼んでも振り向かない
・こだわりが強い
・一つのことに集中すると周りが見えなくなる
・音や接触に敏感
・ほかの子への興味が薄く一人遊びが好き
・抱っこしにくい

特性が出るのはいつから

早ければ「1歳半検診」で自閉症の可能性を診断されることがありますが、3歳ごろまでにほとんどの特徴がみられるようになります。

お子さんが自閉症かもと感じたら

お子様の発達に不安を感じられた場合は、まずは自治体の「発達支援窓口」に相談してみましょう。
特性に合った支援を受けることで、生活上の困難を減らしながら個性や長所を活かした提案を受けることができます。

まとめ

自閉症は早期から適切な支援を受けることで、日常生活に必要なスキルを学ぶことができるようになります。
「特徴に当てはまることが多い」と感じた場合は、まずは自治体の「発達支援窓口」に相談しましょう。
一般社団法人なの花は、八尾市で児童発達支援と放課後デイサービスを実施しております。
保育士や看護師、作業療法士、管理栄養士など専門資格を持ったスタッフが在籍しており、お子様の成長を多角的にサポートいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。